講師紹介

鹿野和彦

鹿野和彦 かの かずひこ

■ 人づくりフォーラムマスター
 ■ 地域づくりフォーラムマスター

早稲田大学在学中の1981年、学生主体の編集プロダクション・早稲田クリエイティヴを設立。ビジネス雑誌、就職情報誌等の取材・原稿、各種プロデュース業務に携わる。1991年、株式会社アプレ コミュニケーションズを設立、代表取締役に就任。雑誌・書籍の編集制作から、教育研修事業、企業・団体のPR、コンセプトメイキングなどの業務にあたる。

2004年、これまでの労働組合および非営利団体を対象とした業務を集約する形で、アプレ総合研究所を設立(2007年4月仕事と暮らしの研究所に社名変更)。働く人々の「働く力」「暮らす力」「生きる力」の支援と、元気な組織・地域・社会づくりを目的としたさまざまな調査研究、および教育研修、情報発信、コンサルテーション事業をスタートする。

また、1999年に高崎経済大学客員講師、2009年に大正大学キャリア教育研究所研究員に就任する他、さまざまな労働組合の客員研究員やアドバイザー、講師に就・歴任し現在に至る。

〔主な研究員・アドバイザー歴〕
 2000年:全逓信労働組合総合研究所客員研究員就任(『労働組合とNPO』)
 2001年:電機連合教育アドバイザー就任(『21世紀の労働組合と教育体系』)
 2004年:中央労働金庫NPO助成制度審査員就任
 2005年:日本生産性本部「生産性の船」ユニオンコース講師
 2007年:生活経済政策研究所『単産共済生協の未来ビジョン』研究主査
 2008年:日本郵政グループ労働組合総合研究所研究員就任(『郵便局の地域連携ビジネス』、『福祉型労働運動の構築』)
 その他、単組・産別の労働学校、各種講座、講師歴多数。

主な著書に『新・マルチメディアを生きる知恵』『01-01-00』など。また教育問題、就職問題、メディアに関する著述を雑誌に発表しているほか、マネジメント・ツールの制作、広報・PR施策の企画立案にもあたっている。

mizushima

水嶋清光 みずしま きよみ

■ コミュニケーションフォーラムマスター

1956年生まれ。1979年法政大学経済学部卒。
代議士秘書を経て、1980年1月より日本ジャーナリスト協会に入社。記者・編集者の後1986年協会事務局次長就任。

1991年3月、日本ジャーナリスト協会から事業分離した、株式会社広報宣伝総合研究所(広報総研)設立に参加。1998年11月より代表取締役社長に就任。
 2001年6月、広報総研と株式会社印刷センターの事業統合により、株式会社印刷センター営業本部に移籍。2002年2月より営業部長、2004年10月より企画制作部長に就任。系列会社の株式会社広報メディア研究センターの取締役・主任研究員を兼務。

2008年4月、「仕事と暮らしの研究所」に移籍。労働組合・民主団体・地域密着型企業・自治体・大学・地域コミュニティ等の広報宣伝・PR(パブリックリレーション)活動の及び組織内外のコミュニケーション活動の支援を行う「コミュニケーションフォーラム」を立ち上げ、講師やコンサルティング活動を開始。

クローズド・マーケットのコミュニケーション戦略を「ツールはルール」の、実践理論で展開する。

森浩介\\\\\\\\\\

森浩介 もり こうすけ

■ コーチングフォーラムマスター

1986年コンピューターサービス株式会社(*現CSKシステムズ)にSEとして入社したのち、社長室などの経営企画職や営業職、人事・総務職、営業企画職、コンサルティング職
を歴任し、2007年コーチング・フォーラム、ユアプラン・アシストを設立するために退社。
●取得資格
財団法人 生涯学習開発財団認定コーチ
日本コーチ協会・神戸チャプター会員
経営品質協議会認定セルファセッサー
リスクマネジメント協会ビジネスプランナー(BPR)
リスクマネジメント協会認定プロジェクトマネージャー(PM)
その他コーチング実績と共に企業および組合員向け研修講師経験多数。

⇒“仕事と暮らし”のパートナーとなってくださる個人&企業の方々を募集しています。